同人を印刷する際にかかる費用や手続きを伝授

初めての本制作

自分だけの本を作る

色見本

同人誌とは、出版社によって発行され、本屋に並ぶような本ではなく、個人または同好の士が集まって作り、販売、配布する自費出版本のことを言います。
よく知られているのは、漫画による同人誌でしょう。
定期的に大きな同人誌の頒布・交流のイベントが行われており、ジャンルは様々ではありますが、特に漫画や小説で同人誌を作る人達が多いです。
スケッチブックなどに漫画やイラストを描くことが好きな人でも、同人誌の制作となると、未経験者はどうやって始めたら良いのかわからないかもしれません。
技術や機材があれば、自分でプリントして、自分で製本することも可能ですが、より美しい本を作るためには基本的に、同人誌印刷サービスを行っている業者に依頼することになります。
同人誌印刷業者は、ネットで受付を行っているところが多いです。
インターネットが普及する前までは、原稿用紙に描いたものを郵送し、印刷してもらうという手順でしたが、最近では、パソコン上のデータとして規定の原稿を作成し、メールで送るという手順が主流になりつつあります。
原稿用紙から版を作る印刷方法をオフセット印刷と呼びます。
一方、データから印刷する方法をオンデマンド印刷と呼びます。
オンデマンド印刷の登場によって、同人誌は短時間で、少部数からでも印刷できるようになりました。
また、紙質にこだわったり、カラー印刷を行なっても比較的低価格で済むのも魅力です。
データ入稿にはそれぞれの業者で締め切り、料金、部数、原稿のサイズや規格などが違うため、単純に料金だけで決めずによく確認しましょう。

販売品を選択しよう

冊子

同人関係の販売イベントは、最近とても増えてきています。
有名で大規模なものもありますが、小規模なものも含めれば各地で行われているのです。
そういったところで自身が手がけたものを販売したいのなら、まず、印刷業者を探しましょう。
同人誌を作るにしても、専門業者に印刷してもらわないことにはきちんとしたものが出来上がりません。
幸いなことに、最近はこの手の専門業者が増えてきています。
料金や出来上がり具合などを参考にして、よく比較して選びましょう。
もちろん、あまり費用をかけずに出来上がった方がお得です。
また、同人イベントといっても何を販売するのかは、そのイベントによって異なります。
単純に同人誌だけを販売するイベントもあれば、バッグやCDを販売したり、チラシを配布したりといったイベントもあるのです。
その内容に応じていろいろと作ってみましょう。
特にCDの印刷は大変です。
メジャーデビューではないので、簡易的なものでもいいのかもしれませんが、それでは思うように売れないこともあります。
ある程度は見栄えが良いものを作らなくてはなりません。
だからこそ、専門業者に頼みましょう。
専門業者といっても、紙の印刷なら請け負っているところもあれば、そうではないところもあります。
CDの印刷ともなると特殊な技能が必要になってくるので、この点も確認しておかなくてはなりません。
実績があり、評判のいい業者を探しましょう。
また、売上のことも考えて損のないように印刷することがポイントです。

各種の依頼が可能

インクと人

同人誌を作りたいという時でも、印刷を業者に頼めば、製本まで一気にやってくれますからとても便利です。
同人誌にもいろいろなタイプのものがありますが、大抵はページ数が少ない、発行部数が少ないという部分がネックになって割高となるようなイメージがあります。
実際、発行部数が少ないと、割高になるばかりか、受注を断られるケースもあります。
しかし、最近ではある程度の条件をクリアする事が出来れば、かなりコストを抑える事が出来るようになりました。
その条件とは、ウェブからの入稿です。
この方法であれば、校閲の手間も省けますし、印刷業者としてはそのまま印刷すればよいので、かなり楽になります。
同人誌の場合は数十部単位の印刷もよくある事ですが、最も少ない部数なら、なんと1部からでも受注を受け付ける業者まで現れています。
これらは、発行部数が少ない同人誌にとっては朗報ですね。
また、もう少し人気が出て来て発行部数が500部を超えるようなレベルになった同人誌の場合だと、印刷業者が製本をした後に、自社で在庫として持っておき、注文がある都度、客先に向けて発送してくれるというサービスや、あるいは書店流通をしてくれるところまで現れています。
単に製本をするだけでなく、出版、流通に関するサポートまで行なってくれるのが印刷業者の魅力です。
雑誌の完成度を高めるためには、印刷の方法に目を向けると良いでしょう。
オフセット、オンデマンドといったいくつかの種類があるため、希望に応じて選択することで仕上がり具合がより良くなります。